ネットワーク監視で最も重要な「エスカレーション」って何?

ネットワーク監視とはどんな仕事なのか?

ネットワーク監視とは、コンピュータネットワークの状態を定期的に確認する仕事です。サーバ室のネットワーク機器やサーバを見て機器のエラーがあれば調べます。しかしサーバ室のモニターを眺めているのが主な業務となっています。ネットワーク監視システムが異常を感知すると、ネットワーク管理者には警報を通知されます。

ネットワーク管理者の最も重要な任務とは?

現代においてネットワークは、非常に重要なインフラ(基盤)です。ネットワーク管理者は、ユーザーが快適にネットワークを使えるように毎日24時間運用監視を続けています、

企業のネットワークは、社内システムやインターネットなどを利用するために存在してます。もし何らかのトラブルでネットワークが長時間使えなくなると、企業は大きな損害を受ける可能性もあります。

ですからネットワークを監視する管理者に求められる最も重要な任務とは、ネットワークトラブルを未然に防ぎネットワークエラーが起こったならば瞬時に察知することです。

ネットワーク管理者は、エラーが生じた状態を自身で作業することで直せるのか否かを素早く判断する必要が出てきます。そのエラーが自分の手で簡単に解消できるのであれば、マニュアルに従って作業をします。解消できない場合には、より専門的な知識をもった技術者にすぐ連絡してトラブルの詳しい状況を伝えて復旧作業の依頼をします。これは「エスカレーション」と呼ばれています。エスカレーションとは、トラブル対応において自身だけで対応が困難な場合、上位の管理者などに対応してもらうことや指示を仰ぐことを指しています。

コンフィグ管理とはハードウェアからソフトウェアまで、インターネットに関連する機器全般の設定を管理することを指します。