初心者の方へのポスターデザインに対する基礎とは?プロが密かに伝授!

構成を考えてからデザインに取りかかる

ポスターのデザインは、最低限、必要な部分と発想を持ち合わせ自由に表現する場所に分かれます。必要な部分とは、例えば企業名や依頼主からの必要な文言などです。自由に表現する場所から取りかかれば、後々必要な場所とのバランスが崩れてしまう場合もよくある話しです。ポスターのデザインは、基礎となる枠を考える事から始めるのがポイントです。初心者の方は、見る側の立場と同じ目線として上からイメージを考えてしまう場合もあるでしょう。最低限必要な要素の確保は、下部にある場合もよくある姿です。そのため、上からばかり考えずに先に必要な要素から押さておくのもポイントです。

見ている人が読みやすいデザインで

ポスターのデザインにおいて、見やすいデザインを考える場合は、逆に見にくいザインを考えれば直ぐに分かる話しです。目の動きを頻繁に動かさなければならないデザインは、見にくいデザインと言われています。例えば、横長の紙に対しての縦書きは、段落が多くなり文章が読みづらくなります。逆に、縦長の紙にたいしての横文字は、読みづらくなります。この縦長と横長は、紙に対する内容のみでは無く、ポスター内で枠を設ける場合、注意しなければなりません。これらはあくまでも基礎でありまして、キャッチコピーなどの文章は独自の目線で考え、人を惹きつける様なデザインで大きく扱うのも大切です。

長文には必ず背景色を入れて

少し長めの文章を取り入れる場合は、ベタ色の背景色を入れるのが基本です。グラデーションのある写真の上に本文を入れると、背景色が引き立ってしまい文章が読みづらくなってしまうためです。背景色を入れる事によって、ポスターに必要な写真との差が生じ、文章として独立した姿で示しやすくなります。

激安コピー印刷ならネット依頼がおすすめです。ネットなら実店舗よりも経費が掛からないのでとても安く依頼することができます。