スマートフォン向けwebサイトがあれば集客に繋がる

レスポンシブデザインにするかが分かれ道

PCと同じhtmlを読めるスマートフォンでは、画面サイズの違いからPCサイトをスマートフォンで見た時に拡大と縮小具合により、webサイトの見やすさが変わります。検索エンジン側で、スマホ向け表示対策が施されているページが上位表示されるようになっており、同じ作り込み具合ならばレスポンシブデザインを採用して、画面解像度に合わせてページ幅が自動的に変わるように仕上げる方法があります。タイトル部分の表示は変えずに、アクセスするスマートフォンの横方向画面解像度に合わせて、webページのコンテンツの並びが変化するデザインです。同じページを利用しながら、PCとスマートフォンで表示幅を自動調整することで、スマートフォン向けのページを簡単に用意出来るわけです。

専用サイトを作るなら振り分けページが必要

スマートフォン向けのwebページを専用に用意することで、検索エンジンでも上位表示されるようにすることが出来ます。webページにアクセスする際には、サイト側でユーザーエージェントを取得出来る仕組みを利用し、アクセス先を振り分けることが出来ます。同じページで画面サイズを変えるのではなく、最初から同じ内容の別デザインのスマートフォン専用ページを用意しておき、アクセス時のユーザーエージェント情報から振り分ければ良いのです。アクセスしてきた人にとっては、最初からスマートフォン専用ページが表示されるので、ピンチ動作をしなくても最適化された画面表示を実現可能にしています。スマートフォン専用サイトを作成するツールがあるので、導入すればすぐに作れるでしょう。

スマホサイト制作にはHTMLなどの基礎知識が必要になりますが、webツールを使用すれば誰でも簡単にできます。ツールには有料と無料のものがあるので、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。