ホームページを作成!配色の際に気をつけるポイントとは?

ホームページの配色の基本!3カラーとは?

ホームページを作成する際に、配色を決めます。その基本として3カラーというものがあります。3カラーとはベースカラー、メインカラー、アクセスカラーというものです。それぞれの配色の比率として、ベースカラーを70パーセント、メインカラーを25パーセント、アクセスカラーを5パーセントにすると良いです。この比率に基づき作成すれば、美しい配色のホームページになります。

ベースカラーとは?何色が良いの?

ベースカラーとは、ホームページの面積の70パーセントをしめる背景色となります。ホームページのイメージに影響するカラーだと言えるでしょう。白や黒やグレーなどのシンプルな色にすると、アクセスカラーやベースカラーの妨げになることが無くおすすめです。また、ベースカラーは文字の間やコンテンツの間の余白にも使用されるため、淡い色や明度の高い色を選ぶと、引き締まった印象のホームページになるでしょう。

メインカラーはホームページの印象を左右する?

メインカラーはホームページの印象を大きく左右するため、慎重に選びましょう。しかし文字が読みにくいようなサイトにならないように、明度を低くした色を使用すると良いです。また、ホームページのロゴカラーはメインカラーが使用されることが多いため、色の印象をしっかりと把握してから選ぶと良いです。

アクセントカラーの決め方とは?

アクセントカラーは単調なホームページにメリハリをつける 役割を果たします。全体での比率は少ないものの、最も目立つ色を選ぶと良いです。華やかで楽しいようなイメージを選びたい場合は、アクセントカラーを何色か使い分けると、より賑やかなホームページが出来上がるでしょう。

レスポンシブデザインの魅力として、顧客に対して企業のイメージを持ってもらいやすくすることができ、マーケティングの観点から高く評価されています。