できることは多い!ネット誹謗中傷の被害に遭わないために

むやみにネットに個人を特定できる投稿をしないこと

ネット誹謗中傷から身を守る一番の方法は、正体を知られないということでしょう。どんなに悪意のある人がいたとしても、自分の正体が相手にバレていないのであれば叩かれることはなくなります。ですから、むやみに個人を特定できるような書き込みはしないのが一番ですね。本名もネットでは明かさないようにしておきましょう。写真もやめておいた方がいいですね。自分が何者かが分からなければ、誰も誹謗中傷をしようとしませんし、もし誹謗中傷があったとしても個人が特定できていないならノーダメージでしょう。またハンドルネームなりを変更すれば、叩きはすべて回避できます。最近はすぐに自分の情報を外部に漏らしてしまう人が多いのが問題ですね。ネットリテラシーの一つとして、むやみに個人情報を公開しないといのは守っていくべきです。

相手の書き込みをシャットダウンする

たとえばブログなら、コメント欄を閉鎖してしまえば、ネット誹謗中傷も起こりにくくなることでしょう。誹謗中傷がしたくても、書く場所がなければ何も言えません。短文投稿サイトなら、目障りなユーザーはブロックしてしまえばいいのです。自分の知らないところでうるさくしているぐらいなら許せるという人が多いのではないでしょうか。相手も本人が何も反応をしないなら、いつか飽きて誹謗中傷をしなくなります。我慢をするのもいいですが、自分の目に入らないようにすればほとんど気になりませんし、いつか自然に消滅していきます。工夫をすれば、ネット誹謗中傷は怖くも何ともないですよ。

サジェスト対策とは、検索エンジン上で検索する時に候補として出るキーワードの事をサジェストといいます、そこに中傷など負の表示がされる事を対策することを指します