知っておこう!ネットワーク監視の重要性とは

企業にとってネットワーク監視は必要不可欠

企業にとってネットワークの監視は絶対に欠かせません。それはインターネットが当たり前になったいま、多くの顧客が企業のウェブサイトにアクセスしているからです。だからこそ、ネットワークの監視が欠かせないのです。もしも、企業のネットワークがダウンしてしまえば、大変な事態になってしまいます。この記事ではネットワーク監視について説明します。

ネットワーク監視とは一体何か

そもそもネットワーク監視とは具体的に何をすることを指すのでしょうか。ネットワーク監視では主にネットワークの状態を監視します。レスポンスの状態やネットワークがダウンしているかどうか、などを監視します。もしサーバーやネットワークなどに障害や異常があった場合は管理者に異常が報告されます。その後、管理者が適切な判断を下すという流れになります。監視するシステムがWebサーバーであれば、HTTP要求を送り、Webサーバの状態を常時監視します。メールサーバーの場合はSMTPを送り、サーバーの状態を監視します。この作業を常時行うことによって、サーバーの状態や不具合、性能の低下の確認などが速やかに出来るようになるのです。

3つの監視項目がある

ネットワーク監視には大きく分けて3つの監視項目があります。それは「死活監視」、「遅延監視」、「状態監視」の3つの項目です。ハードウェアの場合であれば、メモリの使用率やハードディスクの使用率、CPUの状態などをチェックします。ネットワークであれば、プロトコルの監視を行い、ネットワーク稼働が正常であるのかどうかをチェックします。

ネットワークの状態を可視化できるのがフロー監視ツールです。本ツールを導入することで、ネットワーク上の問題に素早く対処できるだけでなく、集積された情報を元にした精度の高い事業戦略を策定できます。