蛍光灯にとってかわる存在!?LED照明の基本と特徴をご紹介

LED照明の基本を知ろう

発光ダイオードを光源としている新世代ライトがLED照明です。青色ダイオードの発明によって白色を生み出せるようになったことから、この新しいタイプの照明が開発されるようになりました。登場当初こそ使用シーンは限られていました。しかし技術革新により光量が増して価格もこなれてきたことから、現在は屋内照明だけでなく信号にも使われるようになっているんですよ。

LED照明の特徴は、オンオフの切り換えに一瞬で対応できることです。蛍光灯はスイッチを付けてから数秒後に明るくなりますが、LED照明はスイッチをオンにした瞬間に明るくなります。また、オンオフの繰り返しで寿命が短くなることもありません。

LED照明最大の特徴とは!?

LED照明の特徴は、寿命が非常に長い上、低消費電力であることです。この特徴ゆえに、従来の蛍光灯などを駆逐しつつあると言って良いでしょう。メーカーや製品にもよりますが、その寿命は最大で6万時間ほど。蛍光灯が1万時間程度ですから、その6倍にも及びます。しかも寿命とされる時間が来ても全く使えなくなるわけではありません。6万時間に到達しても、最大光量の70%程度になるだけですから、余裕を持って交換作業にあたれます。あまりに寿命が長いため、LED照明本体ではなく周辺の電源装置などが先に壊れてしまうほどです。

消費電力は、従来品の約1/4~1/5程度。LEDの発光原理は、従来品のような熱を光にする原理とは違うことが理由です。

以上2つの特徴は他の追随を許さないものですから、LED照明のシェアは今後ますます増え続けることでしょう。

ledパネルは、実に様々な工業製品や家電製品に応用されることがあり、最新の製品の性能の良しあしを把握することがおすすめです。