ネットの誹謗中傷されてしまった場合に自分でできる事

ネットの誹謗中傷は心の傷になる

インターネットを使った誹謗中傷は心の傷にもなりかねません。その人の用紙を馬鹿にしたりその人の能力や性格についてあることないことを書いてしまったり、思い詰められて1人で悩んでいる人もたくさんいます。他にどんなことが書かれているだろうと自ら見に行ってしまうことでより深い傷を負ってしまうことになります。一度心に傷を付けられると回復することが難しいです。そのためどうにかネットの誹謗中傷受けてしまっても自ら起き上がるために、自分自身で何とか対策をとらなくてはなりません。またネット誹謗中傷は匿名であることから相手を特定することが難しく止めさせることができないデメリットがあるためやり方を考えなくてはなりません。

自ら見ないと言う選択肢もある

ネット誹謗中傷を受けてしまったときに、管理している人に直接連絡を入れて悪い内容が書かれている誹謗中傷の投稿を消してもらうと言う方法があります。しかしネット誹謗中傷している本人にとっては、1回消されると反応があったことに嬉しさを感じ、再び同じことを繰り返してきます。そのため結局対策をとったところでいたちごっこになってしまう可能性があります。そのため自分のネット誹謗中傷の投稿は見ないと言う選択肢があります。投稿を見ないことで傷つくこともありません。またどれだけネット誹謗中傷しても本人が見ていない限りはすることがないため、何も反応がないことに加害者本人があきらめる可能性が高いです。相手のすることに傷つくことなく虫をし続けることが正しい選択肢ということもあります。

インターネットの匿名性の高さを利用して、特定の人物や企業の批判を書く人が近年増えています。こうしたネット誹謗中傷は、その程度がひどいものであれば、弁護士などに相談して解決できる場合もあります。